UFBとは

FINE BUBBLEとは?

水などの液体中の超微細な気泡のこと。
この超微細な気泡は大きさによって名称が変わります。
大きさにより、「ウルトラファインバブル」「マイクロバブル」に種類を分けることができます。
また両方の中間の大きさが混合している状態を「ファインバブル」といいます。
現在、ウルトラファインバブルやマイクロバブルの装置には様々なタイプのものがあり、
生成方式の違いによりバブルの物性も異なってきます。

超微細な気泡をつくる技術は日本発の革新的な技術であり、その利用範囲は非常に広く、
洗浄、水質浄化、医療、農業等の多くの分野で新たな価値を提供する技術であります。
技術関連産業は、医療関連、薬品関連、化粧品関連、半導体関連、食品関連、飲料関連、農林水産関連と
多くのアプリケーションが関連する分野を横断する特徴があり、
今後は日本を代表する基幹産業となり、さらには世界的にも大きな市場を有する可能性のある未来型産業です。

FINE BUBBLEの種類

  ファインバブル
種類 ウルトラファインバブル マイクロバブル
気泡の直径 約1μm以下 約1~60μm
気泡の運動 ブラウン運動 非常にゆっくり上昇する
気泡の観察 目視不可(肉眼では透明な水) 目視可能

単位: lμm=0.001mm=1,000nm
単位: lnm=0.000001mm

位相差顕微鏡によるナノバブルの観察

左写真の右上部におよそ12μmの泡、
それ以外の白い点がおよそ100~300nmのナノバブルが観測できます。
目視では確認できません。

マイクロバブル

水中での消滅

溶解に伴う
縮小

ウルトラファインバブル

そのまま停滞する

HACK UFB株式会社のFine Bubbleの一生

(マクロサイズバブルはナノサイズに成長し、長期滞在型ナノサイズバブルに)

大気の気体では、この誕生から終焉までおおよそ20日位の長期スパンにて行われます。 液中のナノサイズバブルの一部は大気へ(諸条件を受けます。)

HACK UFB株式会社の生成するFine Bubbleはナノサイズからマクロサイズの巾の広い気泡郡です。 誕生時のマクロサイズバブルは内部気体分子が高密度で活発に気泡内を飛び回っています。その為、気泡内は高温、高圧で液体との海面張力とのバランスを保ち、気泡自身も液体中に留まることなく運動・移動しています。

【ナノサイズに成長するマイクロサイズバブル】

液中の気泡は気液海面を通して熱交換を行います。
液体との熱交換により気泡内の温度は低下します。
温度低下に伴い、気体分子の活動も徐々に勢いが衰え、
気体内部の圧力が減圧します。このことで、周囲を取り囲む液体の
持つ界面張力が相対的に強くなり気泡への凝縮力により気泡は収縮し、粒系は縮小化します。さらに熱交換が進むと、気泡は球形の中心部同士が集中的に押し込まれ、やがて、気泡は破壊する。内部の気体分子はこの事で液体中に飛散し、液体分子網の中に組み込まれ、気液混合体となる、その後、気体は必要分子を気体分子ネットに残して気体分子、液体分子もそれぞれの場に戻ります。