特性と効果

FINE BUBBLEの特性

  • 界面活性作用

マイナスの電荷を帯びているため汚れなどのプラスのものに付着しやすい。
水中の様々な汚れを浮上分離させたり、工業製品の洗浄も可能になる界面活性作用により粘性を和らげる効果、ものを混ぜる効果があります。

  • 衝撃圧力作用

気泡圧壊時に局部的に高温状態になり衝撃を発生させ周辺物質に作用します。
細胞破壊を必要とする最新医療の分野や醸造、発酵などで幅広く活用できると期待されています。

  • 生理活性作用

生物に成長促進の効果があるほか、使用する気体に酸素を利用すると溶存酸素量を高効率で増やすことができます。
化学薬品と違い、生体の安心・安全な発育に貢献できます。

  • 気泡が極めて長期間液中に存在する

UFBは、通常の気泡のように大気中に浮上せずブラウン運動をしながら長時間水中に滞在します。

  • 圧壊にフリーラジカルを生成

自己圧壊作用により、水や窒素などが分解されラジカルが生成されます。

※生成方式によりバブルの物性が異なるため全てのファインバブルが上記のような作用をもたらす訳ではありません。

浮力の減少

気泡は径が小さい程、浮力が減少
流れに沿って流れる

表面積増加
(分散効果)

気泡径が小さく、泡密度
が濃くなる程、化学反応
面積が広がる

衝撃圧力効果

超高圧、数千気圧
気泡径が小さい程その内 部の圧力上昇は大きい

界面活性

マイナスの電荷を帯びる 泡同士は反発しあい、結合しない。

生理活性

血流促進・酸素供給
生物の体表面温度が高温化する

水中の物質の
あらゆる面に到達可能

指圧効果
生体皮膚への圧力付与効果

フリーラジカル(・OHなど)の発生
超高温(数千度)

物質の汚れ(プラス帯電)を剥離し、
吸着する。

溶存ガス保持

ナノバブル化
溶存酸素配給

圧壊

水質浄化

化学物質の分解

成長促進

化学反応への利用

殺菌

洗浄

FINE BUBBLE市場と効果

環境
浄水処理・排水処理・汚水処理・有機合成・脱脂洗浄・設備洗浄 etc
 環境の導入実績を見る
産業
洗浄・油水分離・廃水処理・脱臭・殺菌・分解(化学物質) etc
 産業の導入実績を見る
工業
排水処理・汚水処理・有機合成・脱脂洗浄・設備洗浄 etc
 工業の導入実績を見る
食品
洗浄・殺菌・発酵促進・排水処理・廃食用油の回収/再利用 etc
 食品の導入実績を見る
農業
収穫量増加・生産環境の改善・水耕培養液の殺菌/浄化 etc
 農業の導入実績を見る
水産
成長促進・鮮度保持・稚貝の斃死防止・力キの殺菌/洗浄 etc
 水産の導入実績を見る
医療
介護入浴・皮膚洗浄・歯周病予防・水素水・酸素水 etc
 医療の導入実績を見る